山形県の海は、庄内地方の遊佐町、酒田市、鶴岡市の三市町の海岸線から成り、鳥海山の伏流水や珊瑚群生地の北限である離島飛島など、豊かな魅力ある環境を作り出しています。また、北前船の寄港地として栄えたことから、本間家旧本邸などの歴史的建造物は山形県の文化の源としての役割も担ってきました。
「海と日本プロジェクトin山形」は、その活動を通じて、未来を担う子どもたちに海を守り慈しむ心を育む活動を展開していきます。
Still1211_00006

庄内竿がつなぐ海と釣りの文化 海と日本プロジェクトin山形2018#29

山形県庄内地方は古くから磯釣りが盛んな地域です。釣りを地域の文化として伝えてきたのが、江戸時代から作られてきた庄内竿。庄内藩では足腰の鍛錬として釣りを奨励してきたこともあったそうです。時代が変わり、現在の釣り竿はプラスチックやカ…

  • 番組情報
Still1210_00006

北前船こども調査団2018 海と日本プロジェクトin山形2018#28

  • 番組情報
Still1211_00003

YAMAGATA海・川ごみバスターズ後篇 海と日本プロジェクトin山形2018#27

  • 番組情報
Still1016_00003

内谷重治長井市長インタビュー 海と日本プロジェクトin山形2018#22

  • 番組情報
山形県-A26-漂着ごみと海岸清掃機

漂着ごみと海岸清掃機 海と日本プロジェクトin山形2018#26

  • 番組情報
PAGE TOP